買ってよかったモノなどまとめています。 ▶ 楽天ROOM

オリエント「エポルカフロア」でフローリングカラーを決めました

オープンハウス・アーキテクトの標準仕様のフローリング材である株式会社オリエントの「エポルカフロア」。公式サイトには商品詳細がなかったので、サンプルを取り寄せて色や模様、雰囲気から比較検討してみました。

目次

11色から選べるアーキテクトの標準フローリング

オープンハウス・アーキテクトの標準仕様はリベネル、リベックスともに床は株式会社オリエントのエポルカフロアです。選べる色はミスティグレーやバウアノーチェなど計11種類。ディベロップメントだと計4色が標準だったので、選択肢が多いのが嬉しいです。洗面所やトイレは同社のビアンコトスカーナ1色が指定されています。

商品説明でエポルカフロアは引っかき傷や衝撃落下傷、キャスター傷がつきにくい仕様のよう。Instagramでみかけたグレーカラーの床をなんとなく「いいな」と思っていた私。それっぽい色が標準で選べるのはポイントが高いです。

「エポルカフロア」のサンプルを取り寄せる

印刷物だと色が微妙にわかりにくいので、公式サイトで確認したものの商品詳細は一切見当たらず…。

そこでサンプルを取り寄せようと電話をしたところ、施工メーカーにしかサンプル提供していないとの返答でした。希望する場合はメーカー経由で取り寄せて欲しいと言われたので、間取りの打ち合わせの際に依頼。届いたものを貰って帰ってきました。

色を比べてみて決定

床材をまじまじと見比べる機会がこれまでなかったので、興味津々。同じような木目調といっても微妙に色が異なって面白い。

こっちはミスティシリーズ。前者とはまた色合いが微妙に異なります。

現在住んでいるマンションは全室真っ白なフローリング。リビングは光を反射して日中とても明るく気に入っていたのですが、白い色はなにしろお掃除が大変で。来客時には直前に掃除機とクイックルワイパーで掃除をしないと、髪の毛一本ですら物凄く目立ってしまって辟易しました…。

そんなわけで今回は選択肢から白は除外することに。夫は白がいいと言い張りましたが、とにかく却下。候補は薄くグレーがかったミスティーホワイトか、ミスティグレーに絞り込みます。

ミスティホワイトを13時過ぎの自然光でマンションのフローリングの白と比べると、こんな具合に差が出ます。明るいところではミスティグレーの色は程よくグレージュで良さそう。ただ、夜に見てみるとグレーというよりしっかり濃い目のブラウン寄りかなあと。

追記:エポルカフロア、3種採用した実際のおうち

次に、実際に採用した床3種類の具体例を見ていきましょう。我が家は オプションで1~2階をPanasonicのラピスタイルフロアを採用しました。差額分で済むとはいえ安くはないので、家族しか入らない3階と水回り、階段は標準のエポルカフロアの中から色をチョイスしています。

3階はすべてミスティグレー

私の書斎の床に採用したミスティグレー
夫の書斎もおなじくミスティグレー

書斎は当初決めていたミスティグレーを使っています。でも、やっぱりグレーとは言い難く「これは茶色だな」という印象。床は硬いのでPCチェアの下にはマットの類をなにも敷かず、ダイレクトに使っています。

階段はリビングシカモア

蹴込み板にクロスを貼ってアクセントにしています

階段も標準のまま。建具と色を合わせてリビングシカモアを採用しました。地盤完了などコストがだいぶ掛かったので、鉄骨階段を断念したかわりに蹴込み板や手すりをアレンジしています。

水回りはトスカーナビアンコ

トイレと洗面所の床はビアンコトスカーナです。

洗面所は大理石調でホテル風のしつらえを目指したのですが、内装とよくマッチしています。ツルツルした質感ではなく、程よい引っ掛かりがあるので冬のモコモコ靴下でも滑りませんでした。

以上、我が家で採用したエポルカフロアを3種類紹介しました。床は家の印象を大きく左右するので、かなり慎重に選びました。当初からグレー系の床を探していたため、1階や2階は別のメーカーのものを採用する結果になりましたが、標準仕様のままにしたトイレや洗面所、3階、階段など使ってみて不便もなく、満足しています。

その他の床材に関してお知りになりたい方は、下記よりご覧ください。

関連記事
・玄関タイルにイタリアの天然石「チェッポデグレ」を選んだ話 #LIXIL
・スイッチカバー&コンセントカバーはPanasonicの「SO-STYLE」シリーズ
・暮らしてわかった、石目調の床材のメリットとデメリット #Panasonic #ラピスタイルフロア
・住み替えの経験値を元にした“汚れが目立ちにくい”空間作りとおすすめ仕様

応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ モノトーンインテリアへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

超狭小住宅でもゆったり暮らす。

モノトーン×グレーインテリアでつくるjapandiなおうちづくり実験の記。15坪の極狭小住宅に夫婦ふたりで暮らしている、収集グセがある編集者です。土地探しからインテリアコーディネーターなしで挑んだ注文住宅、器集め、収納、雑貨など暮らしを彩るモノについて語ります。

目次
閉じる