買ってよかったモノなどまとめています。 ▶ 楽天ROOM

玄関タイルにイタリアの天然石「チェッポデグレ」を選んだ話 #LIXIL

家の顔とも言える玄関。狭小住宅だけに、広々みせるため玄関の内と外を続きにするため同じタイルを選ぶことは決めていました。うちは和と北欧のミクスチャースタイル「ジャパンディ」がテーマの家。モダンでスタイリッシュな石にしたく、LIXILから販売されているイタリアの天然石「チェッポデグレ」を採用しました。

目次

OHAの標準はアイコットリョーワの「マディソン」

施工会社であるOHAの場合、玄関タイルはアイコットリョーワの「マディソン」が標準でした。

タイルの見本ブック。色のバリエーションは豊富だけど濃いブラックがなくて……

どんな家にもあるスタンダードなタイルで、色も豊富です。でも、私が求めていた濃いブラックがなくて他で探すことに。

斑点模様が美しい「チェッポデグレ」

気になった石をいろいろと取り寄せて検討していました

いろんなショールームを巡って、値段や色、質感など多角的に検討した結果みつけたのがLIXILの「チェッポデグレ」という石です。イタリアの天然石をモチーフにデザインされ、斑点模様が特徴的です。新宿ショールームでもらってきたカタログで見つけたため、まずは現物サンプルを取り寄せることに。

丁寧な梱包で届くサンプル

「チェッポデグレ」のカラーバリエーションは3種類。色の名前はなく、濃いブラックとベージュ、グレーの3種類で型番で判別します。シューズクローゼットを木目にするので、ベージュ系だとコントラストがあいまいで玄関の雰囲気がイメージできず。濃いブラックを第一候補にしていました。

最後まで迷ったのが、このふたつ。ベージュっぽい色も建具と同系色ですが模様の入り方が美しくて。廊下に使うのはパナソニックのラピスタイルフロアで決定していたため、同じく取り寄せていたサンプルと並べてみて具合をみます。

しっくりくるのは、結局この組み合わせでした。高級感があってシックな玄関になりそうです。OHAの場合、標準にないものも自由に入れられてメーカーと取引がない場合のみ施主支給になります。LIXILは取引ありなので、割引価格で採用できました。

採用した結果、出来上がった玄関はコレ

これがチェッポデグレを入れた玄関です。 土ホコリが気になる濃い色のタイルでも斑点模様があるため、ヨゴレが目立たないのがいいところ。建具の木目カラーも引き立って、とても満足しています。

ドアを開けた時、一番最初に人の目に入る玄関。それだけに家の印象を大きく左右する場所ともいえます。夫が玄関タイルにはお金をかけたいと希望し、同意見だったのでアレコレと探しましたが結果的に大満足。どうしても天気の悪い日に出入りすると、四隅に土ホコリが溜まりますが斑点模様のおかげでさほど目立つことはありません。半年に1回くらい、ラクをしてケルヒャーでリセットしていますが水をかけてデッキブラシでこするだけでもキレイになりますよ。

関連記事
・住み替えの経験値を元にした“汚れが目立ちにくい”空間作りとおすすめ仕様
・標準プランでは2箇所あったトイレをひとつだけに決めた理由
・狭小住宅こそ階段スペースを収納スペースとして有効活用しよう
・あると重宝する。リーズナブルなのに本格派、電動ドライバーセット「boltz」を買いました

応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ モノトーンインテリアへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
世界中から厳選した家具・インテリアの通販サイト MAARKET

この記事を書いた人

しゅんのアバター しゅん 旅作家|編集者

超狭小住宅でもゆったり暮らす。

モノトーン×グレーインテリアでつくるjapandiなおうちづくり実験の記。15坪の極狭小住宅に夫婦ふたりで暮らしている、収集グセがある編集者です。土地探しからインテリアコーディネーターなしで挑んだ注文住宅、器集め、収納、雑貨など暮らしを彩るモノについて語ります。

目次